~最小限最強住宅〜   MO邸

町田市

図8.jpg

After

・近隣公園の桜の木から見るファサード

Before

設  計 有限会社相原聰建築設計事務所 

施  工 株式会社青木工務店

住  所 東京都町田市忠生

敷地面積 135.48m²(40.98坪)

建築面積 75.68m²(22.89坪)

延床面積 130.62m²(39.51坪)

構造規模 木造2階建

主要用途 一戸建住宅

図1.jpg

バルコニー外観 手摺は亜鉛メッキ

図9.jpg

外観 杉と左官の対比

図2.jpg

階段のメガ柱は剛心と重心をとらえ、外壁とともに構成される最小限の耐力壁で最強レベルの耐震性を実現。将来にわたり自由な間取り変更が可能となり、ライフスタイルや家族構成の変化にも対応できます。天然木の香り漂う階段が家全体に潤いと安心を与え、ロフトの天窓へ導きます。
大人4人 3世帯の空間です。

●地震に強い家

建物の重心(重量の中心)と剛心(耐力壁の中心)が一致すると効率よく耐震性が向上する。この計画の剛心は階段によるメガ柱です。階段を中心に配置し、回遊できる平面計画としました、効率のよい耐震性の向上により、階段の壁と外壁の耐力壁だけで、基準の2倍の耐震力があります。

●ライフステージに合った住まい方が可能

外壁と階段のみで成り立つ家はリフォームによる間仕切の変更が容易にできます。住まう家族は日々成長してゆきます。住まい方の変化に合わせ、リフォームしながら住み続けると住宅は長持ちします。また、転売するときは、入居者の希望ぼプランにリフォームすればよいのです。最初は親子4人家族、子供が巣立つと2人になり、空いた部屋を他人にシェアしたり、SOHOにすることもできます。そして子供が成長すると2世帯住宅にリフォームすることもできます。

図17.jpg
図10.jpg

1階 階段廻りの回遊空間

図11.jpg

2階 階段スケルトン

図12.jpg

ロフト階 階段トップライト

図14.jpg

対面キッチンと階段廻りの棚

図3.jpg

玄関 床タイルと杉外壁

図2.jpg

1階便所のモザイクタイル

図13.jpg

階段からロフトにアプローチ