大和スポーツセンター

大和市上草柳

カフェテリア「みなみ風」

~競技場のバリアフリーロイヤルシート~

02.jpg

AFTER:線路越しに表した新しい社の顔

before.jpg

●競技場のバリアフリーロイヤルシート 

大和市は人口22万人の神奈川県中央に位置する中核都市です。従来からスポーツが盛んな街で、優秀な運動選手を育ててまいりました。スポーツ振興の目的で20年前に建設された当スポーツセンターは、屋外競技場、総合体育館、屋外プールを備えた県下でも有数の運動施設であります。専門競技から健康運動、また大相撲地方巡業、プロレスリング等が行われ、交通の利便性にも恵まれ、年間延べ40万人に利用されております。

カフェテリアは、当施設の食堂、喫茶店、弁当販売店の目的でこのたび設置されました。屋外競技場のグリーンに設置された当施設は、スポーツセンター利用者のみならず、高齢者、障害者を含む一般市民にも気軽に立ち寄れるように、競技場観客席とは別のアプローチが出来るように配置されました。100m走路のゴール位置に近く、グランドレベルとほぼ同じ視線でガラス越しに見る競技場は、競技者の息づかいが間近に感じられ、臨場感が味わえるロイヤルシートのようです。高齢化社会を迎えた現代において、健康運動は介護予防の必要性からも不可欠なものとなってまいりました。健康運動振興のシンボルとして市民の憩いの場となっております。

大和スポーツセンターカフェテリア 

住所:神奈川県大和市上草柳1-1-1

建物用途:食堂・喫茶店

敷地面積:45715㎡

建築面積:93.0㎡

延床面積:81.0㎡

構造規模:軽量鉄骨造 平屋

BEFORE:緑に覆われていた旧ファサード

・Dscn0027.jpg

AFTER:正門より見るショールームとガラス屋根の連絡通路

03-2.jpg

BEFORE:印象が薄かった旧正門ファアード

図1.jpg
〒242-0029 神奈川県大和市上草柳1丁目1−1 - Google マップ_
04.jpg

●健康運動振興 街づくりのシンボル

 構造体が意匠となる簡素で力強いデザインとし、軽量鉄骨の上にアルミ建具と折板を取り付ける、単純な構造でコストダウンを計りました。また、撤去する擁壁の基礎を新築建物の基礎として再利用し、環境負荷を少なくし、廃棄物の発生を抑制し、再利用、再生資源化、適正処理を促しました。

08.jpg

・展示が一望できるカーテンウォール

06.jpg
05.jpg

・上下階の展示が連続する階段

09.jpg